サブメニュー

奨学金と教育ローンと任意整理

昔ほど親の収入は上がっていないにもかかわらず、お子さんの学費はどんどん上がっているとなれば、お子さんの学費は家計にとって大きなシェアを占めているのは間違いありません。

 

お子さんの学費を捻出するために、家計を何とかやりくりしている方も少なくないでしょうが、それにも限界があります。自分たちで何とかしようとしないで、奨学金や教育ローンを利用するのがいいでしょう。

 

ところで、奨学金と教育ローンの違いですが、お金を給付、貸与する対象が異なります。奨学金が対象とするのはお子さん本人ですが、教育ローンが対象とするのはお子さんの親権者です。

 

そんな奨学金や教育ローンですが、借金返済に困って親御さんが任意整理をしようとするとどのような影響が出てくるのでしょうか。

 

 

教育ローンと任意整理

まず教育ローンについてですが、もちろん教育ローンも任意整理の対象とすることはできます。ただし、教育ローンの性質上、これを任意整理することはおすすめしません。

 

教育ローンはそもそも低金利でかなり融資条件の良いローンです。このような借金を任意整理したとしても、あまり借金減額効果は期待できません。それならば、それ以外の消費者金融のキャッシングなどを任意整理した方が効果が出ます。

 

それに、教育ローンまでも任意整理しようとするならば、教育ローンを融資している金融機関からすると相当な危機感を抱くはずです。もしかしたら貸したお金が返ってこないかもしれないということで、まとめて貸したお金を一括で返済するように求めてくるかもしれません。

 

カードローンタイプの教育ローンでしたら、新たな借り入れを停止する措置もとるでしょう。

 

奨学金と任意整理

奨学金はお子さんに直接給付あるいは貸与するものですので、親権者が任意整理をしようが直接は関係ありません。ただし、貸与型の奨学金の保証人に任意整理をした親御さんがなりたいという場合には、審査に影響が出かねません。

 

こういった場合には、保証会社をつけるか別の保証人を探すべきでしょう。

 

気を付けなければならないのが、奨学金を提供している団体が信用情報機関に加盟している場合です。日本最大級の奨学金を提供している法人である「日本学生支援機構」は、KSCという信用情報機関に加盟しており、個人情報を登録しています。

 

これにより、申込者本人がカードローンなどの延滞をしていると、その情報が奨学金の団体にも筒抜けになりますので注意してください。

 

あくまで借金であるためにそれぞれは払えなくなれば様々な問題がでてきます。キャッシングやクレカの支払いができない場合と同様に放置はできないので、支払いが厳しいと感じたら相談を進めましょう。

 

手元にお金が無いからといって闇金融から借りて支払いをするようなことをすると、今後の資金繰りがさらに厳しくなりますので、闇金融は絶対に利用をしないようにしてください。

 

闇金からお金を借りてしまったら

闇金からお金借りてしまったら、基本的に警察に相談することがなにより重要になってきます。このときにやっておきたいのが、闇金との電話内容を録音しておくことです。これがあるのとないとでは警察の動きが大きく変わります。

 

警察もなんの証拠もなしに動くことが難しい組織なので、いざ逮捕して、間違えましたではすみません。

 

なので、しっかりとした証拠が必要になってきます。電話だけではなく、直接闇金と話したときの内容を全て録音しておくと尚効果的でしょう。

 

もちろんこういった証拠は1点でも多く集めることがより効果的と言えます。中にはあまり相手にしてくれない警察官もいるかもしれませんが、諦めずにしっかり警察に助けを求めましょう。

 

警察に助けを求めた証拠を残しておきます。そうすると警察も動かざるを得ない状態になります。そうして積み重ねた証拠の先に闇金と関係を断絶する道が見えてきます。

 

逆にここまでのことをしないと闇金との関係を終わらすことは難しいと言えます。弁護士事務所に相談できればもっと手っ取り早いのですが、そこに掛かる経費を考えると、警察が無難と言えます。

 

一番はこんなことに巻き込まれないように生活をするのが一番ですが、もし闇金と関わってしまったときはこのように対処することをオススメします。

 

ただ、注意をしておきたいのは、警察は事件性がないと動いてくれない場合が多いのです。対処ができないと言われてそのままにしていると闇金融側からの嫌がらせや取り立てもエスカレートしますので、そうなってしまった場合にはヤミ金借金の被害解決の相談を弁護士や司法書士で進めてください。