サブメニュー

日常に及ぼす影響

債務整理の一つである任意整理、これを行なうと日常生活にどのような影響が出るのでしょうか。

 

新たな借金はできなくなる

任意整理をすると、信用情報機関に事故情報が登録されます。任意整理をした人が銀行のカードローンや消費者金融のキャッシング、クレジットカードなどに申し込もうとすると、申し込みを受けた各社は信用情報機関に個人情報の照会を行ないます。

 

そこに事故情報が掲載されていれば、各社はほぼお金を貸してくれることはありません。

 

気軽に借りられる手段だけではなく、マイカーローンや住宅ローン、教育ローンなど一生を左右しかねない大きなローンも、もちろん組むことができません。

 

通常は5年を超えない期間

しかし、任意整理は未来永劫続くわけではありません。登録期間が信用情報機関ごとに定められていますが、任意整理に関してはどこも5年間と決められています。5年間おとなしくしていれば、それ以降は任意整理前と何一つ変わらず基本的には申し込むことができます。

 

「基本的に」と言ったのは、任意整理をした貸金業者から再びお金を借りることはまずできないということ。任意整理をした人のことをその業者は社内のブラックリストに登録しますので、半永久的に残ります。

 

任意整理はメリットだけでなくデメリットもある手続きとなり、他の債務整理も同様です。そのため、手続きを進める前には欠点についてもしっかりと知る必要がありますので、良い点も悪い点も任意整理のデメリットとはで見ておきましょう。