サブメニュー

素人が進めてもうまくいかない

任意整理は自分でできなくもありませんが、それには大きなデメリットがあります。

 

なめられるかも

任意整理は、債権者と債務者が直接交渉することですので、理論上、法律上は債務者が自分で任意整理を行なうこともできます。しかしその交渉はあくまでも任意であり、貸金業者が交渉に応じないことも任意です。

 

借金の中に過払い金が含まれているのであればまだいいのですが、通常の金利で貸し付けられていた借金の場合、貸金業者がそれに応じる義務も必要性もありません。

 

まして相手は、事情をほとんど知らない素人の債務者であり、貸金業者からすれば赤子の手をひねる様なものでしょう。

 

任意整理をするためには、取引履歴を請求する必要がありますが、相手が素人と見るや貸金業者は取引履歴を出さない、もしくは出すにしても大幅に時間をかけてきます。

 

つけこまれるかも

さらに、貸金業者はこちらの弱みにつけ込むことも忘れてはいません。「まともな金利で貸しているのだから、貸したお金はきっちりと返してくれないと困る」というようなことを言ってくるかもしれません。

 

それを言われてしまうと、債務者としては図星ですので任意整理をする気持ちも揺らいでしまいます。確固とした任意整理を行なうためにも、専門家に依頼することをおすすめします。

 

任意整理の相談をする際には交渉力が強い法律事務所を探してください。任意整理の実績が豊富なところが良いので、ネット上での評判が良い返せないキャッシングの相談先で話を進めましょう。